日本酒検定3級 過去問分析6

日本酒検定

2022年の日本酒検定ですが全国での試験は9月10日(土)に決まりましたね。(参考までに3級はCBTによりいつでも受験可能です)。3級の過去問分析の6~10は、2022年4月ころにSSIのサイトに掲載されていた3級試験の過去問の解答解説となります。過去問分析6は問1~問10となります。

 

問1 日本酒造りにふさわしいとされる米を何と呼ぶか。

1.酒造好適米
2.醸造良好米
3.酒造良好米
4.醸造好適米

日本酒造りにふさわしいとされる米を酒造好適米と呼ぶ

正解は、1.酒造好適米

 

問2 米の中心部に見える白色不透明な部分を何と呼ぶか。

1.掛米
2.心白
3.胚芽
4.肌白

掛米(かけまい)は日本酒造りで醪(もろみ)造りに使われる米
心白(しんぱく)は米の中心部に見える白色不透明な部分
胚芽は種子の内部のやがて成長して芽になる部分

正解は、2.心白

 

問3 岡山県を代表する日本酒に使用される米はどれか。

1.雄町
2.山田錦
3.美山錦
4.ひとごこち

雄町は岡山県
山田錦は兵庫県など全国
美山錦は長野県
ひとごこちは長野県、栃木県

正解は、1.雄町

 

問4 日本酒に使用される主な稲の種類はどれか。

1.ラプルスカ種
2.インディカ種
3.ジャポニカ種
4.アラビカ種

インディカ種は世界の約80%でタイ、ベトナム、中国、アメリカ大陸など
ジャポニカ種は世界の約20%弱で日本、朝鮮半島、中国北部など

正解は、3.ジャポニカ種

 

問5 日本酒に使用される米の品種名である「美山錦」の主要生産県はどこか。

1.長野県
2.沖縄県
3.岡山県
4.佐賀県

美山錦は長野県を代表する酒造好適米

正解は、1.長野県
 

問6 日本酒成分中の水分は何%か。

1.75%
2.80%
3.85%
4.90%

日本酒の成分の約80%は水

正解は、2.80%

 

問7 ドイツ硬度1°dHをアメリカ硬度に換算したものはどれか。

1.約18ppm
2.約180ppm
3.約1800ppm
4.約18000ppm

ドイツ硬度とアメリカ硬度の関係は 1dh=17.8ppmで表される

正解は、1.約18ppm

 

問8 酵母は糖分をアルコールと何に変えるか。

1.水
2.炭酸ガス
3.塩分
4.窒素

酵母は糖分をアルコールと炭酸ガスに変える

正解は、2.炭酸ガス

 

問9 最も多く使用されている協会酵母はどれか。

1.協会7号
2.協会9号
3.協会13号
4.協会1号

協会7号は最も多く使用されている酵母
協会9号は吟醸香と呼ばれる華やかな香りを生成する酵母の代表

正解は、1.協会7号

 

問10 精米歩合70%は精白率何%になるか。

1.15%
2.20%
3.30%
4.79%

精米歩合+精白率=100%となるので、精米歩合70%のとき精白率は30%

正解は、3.30%

 

過去問分析6は以上となります。問11以降は過去問分析7で解答解説を行いますので引き続きよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました