日本酒検定1級 過去問分析3

日本酒検定

2021年度にWEBサイトで公開されていた過去問ですが、続いて問21以降をみていきます。

問21 日本酒の起源とされている説が掲載されていない文献はどれか。

1.古事記
2.播磨国風土記
3.大隅国風土記
4.万葉集

日本酒の起源とされている説として以下の説が掲載されている。
古事記には、中国から伝来した麹を利用した酒
播磨国風土記には、カビを利用した酒
大隅国風土記には、口噛みの酒

正解は、4.万葉集

 

問22 「延喜式」に記されている「黒酒」と異なる手法の酒はどれか。

1.白酒
2.地酒
3.赤酒
4.地伝酒

神田で採れた米を醸造した酒をそのまま濾したものが白酒
白酒に焼いた木灰を加えて黒くしたものが黒酒で灰持(あくもち)と呼ばれる
熊本県の赤酒、鹿児島県の地酒(じしゅ)、島根県の自伝酒が灰持として有名

正解は、1.白酒

 

問23 「灰持」の手法を記した最初の文献は何か。

1.風土記
2.御酒之日記
3.延喜式
4.日本書記

白酒、黒酒(灰持)は、平安時代中期の法律などが編集された延喜式(えんぎしき)に記されている。

正解は、3.延喜式

 

問24 僧坊酒に当てはまらないものはどれか。

1.多武峯酒
2.豊原酒
3.天野酒
4.伊丹酒

大阪の天野酒
奈良の多武峯酒(とうのみねさけ)
越前の豊原酒
これらは各地で造られた僧坊酒に該当する
伊丹酒は楽市楽座制度により酒が全国に広がったころのもので、僧坊酒には当てはまらない

正解は、4.伊丹酒

 

問25 下記[ ]の日本酒造のうち、江戸幕府開府より創業年が古い蔵元は何軒あるか。(カッコ内は所在都道府県)

[高木酒造(山形県)、福光屋(石川県)、月桂冠(京都府)、小西酒造(兵庫県)]

1.0軒
2.1軒
3.2軒
4.3軒

高木酒造(山形県)は、1615年
福光屋(石川県)は、1625年
月桂冠(京都府)は、1637年
小西酒造(兵庫県)は、1550年にそれぞれ創業している
江戸幕府の開府は1603年

正解は、2.1軒

 

問26 江戸時代に「寒造り」が始まる以前の酒造りで呼ばれていた名称に当てはまらないものはどれか。

1.寒前酒
2.新酒
3.間酒
4.先酒

江戸時代に、新酒、間酒、寒前酒、寒酒、春酒と年に5回、四季を通じて行われていた酒造りが禁止され、冬季のみとなった

正解は、4.先酒

 

問27 太平洋戦争かの1943年にとられた戦費捻出策はどれか。

1.酒類販売の免許制
2.造石税の廃止
3.酒税法の改正
4.酒類の配給制

太平洋戦争下の日本酒にはさまざまな増税が課せられた
酒類販売の免許制は、1938年
造石税の廃止は、1944年
酒税法の改正は、1944年
酒類の配給制は、1943年

正解は、4.酒類の配給制

 

問28 戦後の物資不足の中で、1949年に定められた法律は何か。

1.改正酒税法
2.アルコール添加法
3.酒類販売法
4.増醸法

改正酒税法は、1953年
アルコール添加法は、1944年
酒類販売法は、1938年
増醸法は、1949年

正解は、4.増醸法

 

問29 全国の「乾杯条例」において、条例名内に日本酒や地酒の他に地元の陶磁器が推奨されていない自治体はどこか。

1.佐賀県唐津市
2.兵庫県西宮市
3.茨城県笠間市
4.秋田県大館市

佐賀県唐津市は、唐津焼
茨城県笠間市は、笠間焼
秋田県大館市は、秋田杉の器
それぞれに、器で乾杯を推奨する条例がある

正解は、2.兵庫県西宮市

 

問30 日本酒を熟成させた「古酒」の記述が見られる文献はどれか。

1.古事記
2.訓蒙要言故事
3.本朝通
4.酒造り始之由来

江戸時代の本朝食艦(ほんちょうしょっかん)や訓蒙要言故事(くんもうようげんこじ)に古酒が登場する

正解は、2.訓蒙要言故事

 

やはり、準1級の問題と比較して難易度が高いものが多いように感じますね。
問31以降は過去問分析4でみていきますので引き続きよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました